岡白・修道中ほか難関中学合格に導いた教師たちと振り返る~受験生としての「自覚・自律・成長」が合格に大きく貢献!~

カテゴリ : 中学受験, 合格体験談

LINEで送る
Pocket

今回は、名門会岡山校から、岡白中・AICJ(東医)中・修道中・広島城北(特待)中へと見事合格を果たしたBくんについて取り上げたいと思います。

Bくんは、岡山市在住でしたが、広島への転居が決まっており、広島の中学を第一志望で受験。結果は、岡白を含めて、受験した学校全てに合格。入会時、すぐに見抜けた受験生の長所と短所に対し、どんな対策をして全校合格へ導いたのか?

実際の指導を担当した社会人プロ教師と名門会教務担任にインタビューをしてみました。どうぞ、ご参考にしてください!

□名門会 入会時の状況

・入会時期:2016年6月(小学校6年生の6月)~受験終了まで
・某集団塾の選抜SSクラスに在籍
・成績:国語:53.7 算数:48.6 理科:40.3 社会:40.3 総合:45.7(第1回入試的中ゼミ)
・名門会での受講科目:算数

□名門会 入会時の課題

入試本番の約半年前の6月から指導がスタートしました。当時から算数における基礎学力はある程度備えていました。しかし、中学受験生に非常に多い課題を彼も持っていました。

  1. 急いで問題を解こうとするあまり、ケアレスミスが多発
  2. 問題をしっかりと読まず、これは「難しい問題だからできなくて良い」(捨て問)だと判断

本当は力があるので十分対応できる問題にも、早々に諦めてしまう傾向がありました。さらに、一番の課題は自宅家習時間の確保でした。家での自習時間は、当日の気分によって増減し、集中して取り組めない日もありました。また、気分が乗らない時は、ゲームや漫画、そして携帯電話などに学習時間を奪われてしまうこともありました。

■算数担当:市田晴美先生からのコメント

(広島大卒-合格実績:岡白・岡山操山・就実・朝日塾・岡大附属・岡山)

image1

・課題克服に向け、対策した3つのこと

対策(1): 集中力を長く保つこと、問題に対して粘り強く取り組ませる
まずは、集中力と粘り強さを身につけること・その重要性を理解してもらうための指導からスタートしました。一問一問に対して、解法・解説を本人が理解できるように伝えて、時には(A)の解法で理解に苦しめば(B)の解法で行うなど、とにかく本人に合わせた指導を行い、理解を深め、早々に問題を見て諦めることを減らしていきました。

それを何度も繰り返すことで、「このレベルの問題なら、絶対に正解するんだ!」という意欲が本人に生まれてきました。もともと、問題を解くスピードは持ち合わせていたので、集中して問題に向き合えば、解ける問題が多かったということに気付いてもらえました。正解する問題が増えてくると、勉強に対するモチベーションは自然に上がってきました。

対策(2): 自習時間の確保のため、名門会の自習室を最大限に利用させた
自習時間の確保に名門会の自習室を活用してもらいました。名門会の自習室は、授業の無い日でも利用可能です。授業の前後、学校が休みの日も利用して、自習室での勉強に取り組んでもらいました。家とは違い、「(余計な物が何もない)集中できる環境」と「同じ受験生(中学受験から大学受験生まで)が周りにいる」という環境が、とっては良い環境だったようです。

対策(3): 成績下降でやる気もダウン、そんな時でも、勉強に向かわせる接し方をした
常に模試の結果が順調という訳ではありませんでした。受験直前の模試では、逆に成績が下がってしまい、本人のやる気が出ず、真面目に取り組めない時期もありました。この頃が本人にとって一番の正念場でした。名門会の担当・担任は、本人と進路のことや興味のある話をしたり、暗記科目のチェックを行なったりして、精神面のフォローしながら勉強を進めました。ご家庭の協力もあり、最後まで目標や目的を見失わない勉強をやりとおすことができました。

《名門会 岡山駅前校の自習室は土日祝を問わず、朝10:00~夜22:00まで毎日利用可能»
※ただし日曜日は朝10::00〜夜18:00まで

image2

 

 

■教務担任:小林大介先生からのコメント

(合格実績:岡白・岡山操山・就実・朝日塾・岡大附属・岡山)

image3

B君は修道中学を第一志望にしていたので、志望校対策(特訓受講)のため、夏休みは塾の教室も岡山から広島に転校しました。

名門会でも、岡山から広島に夏の間だけ転校して頂き、受講や自習をして頂きました。

不安を感じる方もおられるCTテスト対策等も行い、不安のない状態で最終日送り出すことができました。

先生はもちろん、岡山・広島の職員が連携を行い、そして保護者の方にもご協力を頂いた結果勝ち取った合格だと思います。どこにいても、生徒の状況を皆が良く理解していたため、自習室で勉強をしている彼に、色々な人が声を掛けたり、激励をしたりしている様子が非常に印象的でした。

中学受験合格には、やはり生徒の「自覚・自律・成長」を促すことができる環境が必要不可欠だと改めて感じます。生徒達がもともと持っている能力や才能を最大限に引き出し、これからも一人でも多くの受験生を、「夢の第一志望校合格!」に導いていきたいと思います。

□受験生本人が語る、「あなたが第一志望校に合格できた一番の要因は?」

受験は12月11日のAICJからのスタートで、1月23日の修道まで5回受けました。結果は、第一志望の修道、更にはAICJの東医コース・早慶コースにも合格。そして、岡山県最難関の岡山白陵にも合格し、受験した学校全てから合格を勝ち取ることができました。

生徒本人に、合格を勝ち取った一番大きな要因は?と聞いてみると「市田先生との出会い」だそうです。勉強する気が乗らない時も、工夫して授業を行ったり、声をかけてくれたり、精神的にも支えられた部分が、とても大きかったと笑顔で教えてくれました。なかなか親や友達にも言えないような悩みでも、先生は笑顔で受け止めてくれたようです。


いかがでしたか?今回のB君の勝因は、Bくんを志望校へ合格させるために、周囲の多くの大人たちがB君と真剣に向き合った結果といえるでしょう。

子どもにはみんな驚くような伸びしろがあります。それを見つけて伸ばしてやる、伸びるきっかけを作ってやるのは、大人の役目です。

もし「今の環境のままでは難しい」そんなお悩みがございましたら、名門会にいつでもお気軽にご相談ください。

文責:S.H

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 受験ブログへ にほんブログ村 受験ブログ 医学部・医療系受験へ
LINEで送る
Pocket

名門会サイトはこちらから 名門会家庭教師センター名門会サイトはこちらから 名門会家庭教師センター

プロフィール

プロフィール

名前:名門会

プロの家庭教師の実力を難関校への合格実績で証明しつづける家庭教師センター、名門会のブログです。こちらではお知らせや受験に役立つ知識を掲載していきます。

弊社ブログ記事の
誤記載についてのお詫び

3月31日から4月6日まで弊社ブログに掲載させていただいた体験談ですが、記事の内容の中に一部誤った記載等がありました。
この記事に関わるご本人ならびに関係者の皆様に多大なご迷惑をおかけいたしましたことを心よりお詫び申し上げます。
再度このような事態を起こさないために、事前のチェック等の対策を講じてまいります。

2017年4月7日
株式会社 名門会

名門会家庭教師センター
動画で見る名門会の特徴
動画で見る名門会の特徴