渋幕中合格のお母様と振り返る~志望校合格への道は本物のプロ教師との出会いから~

カテゴリ : 中学受験, 合格体験談

LINEで送る
Pocket

前回に引き続き、名門会津田沼教室にて、渋谷教育学園幕張中学(以下渋幕)に見事合格を果たした生徒368173b3f07491a773a483905e8700251さんのお母様、志望校合格までの道のりを指導に当たったプロ教師の寺岡邦夫先生と名門会の教務担任の3人で、今回の受験を振り返る時間がとれました。

千葉御三家の市川・東邦大東邦に連敗。しかし慌てることなく第一志望の渋幕合格を勝ち取ったname_img01さん。合格へのストーリーはいかなるものだったのか?どうぞご参考いただければと思います。

 

-伸び悩んでいた塾での成績と寺岡先生との出会い-

小学校低学年の頃、テレビでみたお医者さんたちの活躍ぶりに、おぼろげながらお医者さんへの憧れを持ち始めたname_img01さん、お父様から「それならば中学は私立に行ったほうがいい」と奨められて考え始めたようです。

ご両親も高校入試のない中高一貫校でのびのびと過ごさせたいという思いもあり、小3 の11月に大手進学塾のS塾に通い始めました。

もともと算数が得意でしたが、国語が弱く、塾内の成績は思うように伸びず、一時期は塾のクラス分けで下から数えたほうが早いクラスまで落ちたこともあったそうです。

また、5年生になるとご両親では勉強のフォローできなくなってきたこともあり、5年生の11月にまずは苦手な国語を強化したいとの思いから、ネットで調べた数社の中で、一番対応の早かった名門会がおすすめした先生の授業を一度受けることに決めたのだそうです。

そこで出会ったのが寺岡先生、「この先生との出会いがなければ、志望校には合格できなかった」とお母様はおっしゃってくださいました。

-本物のプロ教師とは、教えるのがうまい先生じゃない-

寺岡先生はname_img01さんの初回指導を終えてどう感じたのか?タイプ的にいうとはっきりと天才肌の生徒だと感じたそうです。

志望校は渋幕と聞いていたので、やるべきことさえしっかりやっていければ、問題のタイプ的にはname_img01さんに会っているし十分合格はできると思っていたそうです。

ただ、お預かりをした時点では、残念ながらせっかくの良さが生かされていませんでした。

S塾、特に下のクラスでは、算数の単元の最後のチャレンジ問題的な部分はできなければやらなくていいといわれるので、name_img01さんもわざわざ難しいことに手を出す必要がないと思って、最初から手をだしていなかったそうです。

しかし渋幕に合格したいのなら、チャレンジをして考える訓練をしなければならないし 、むしろname_img01さんにとってはむいている問題のはずと、解ききれなくてもいいから積極的に考えさせるようにしたそうです。

当初はベテランの大人の教師ということで緊張していたようですが、単に教えるのがうまいのではなく、name_img01さんの状況を的確に見ながら必要な手をしっかり打つ、本物のプロ教師のすごさに、お父様お母様、そして何よりname_img01さんがすっかり心酔してくださいました。

-信じてくれてありがとう!-

S塾に通っていると、クラス別のクラスを上げることばかりに一喜一憂しすぎて、志望校合格という本来の目的のための勉強になかなか力が入れられない、ということがよくあります。name_img01さんのご家庭も塾内のクラスを上げて、TOPのクラスに入ることを一つの目標としていました。

しかし、どちらかというと成績の振り幅が大きいタイプのname_img01さんでしたから、S塾ではなかなかクラスが安定しない。

ただ、寺岡先生はこうおっしゃっていました。
「TOPクラスに居続けなければ上位校に合格できないのかといえばそんなことはないのだ」と。

成績にばらつきがあるようにみえていたname_img01さんの成績も、先生の目には緩やかながらも着実な上昇カーブがみえていたそうです。だから塾のTOPクラスに仮に上がれなくても、志望校である渋幕には十分届くと思っていたそうです。

name_img01さんは6年の秋になってTOPのクラスに上がりましたが、秋以降の志望校対策を行うにあたっては、塾内クラスを気にすることなく、名門会を、寺岡先生を、信じて頑張るようにとご両親がname_img01さんの背中を押し、そして見守り続けてくれました。

ありがたいことに今回全面的にご家庭からの信頼をいただけたことが、合格の一番大きな鍵になったと寺岡先生はおっしゃっていました。

-受験というものの難しさ!でもプロ教師の目には・・・–

受験戦術的には、江戸川取手から受験をスタートして、千葉御三家3連戦、本命は渋幕、そして渋幕が合格した時には、開成をチャレンジとして受ける。ダメだった時は、海城、渋幕2回目、海城2回目と受ける、2段構えの作戦をとりました。

初戦は順調に合格!ところが3連戦で受けた市川、東邦大東邦になんと連敗、ご家庭もさすがに千葉御三家3連敗は想定しておらず、急遽2/1のシミュレーションを再度考え直そうと思っていたそうです。

しかし寺岡先生は、千葉御三家3連戦前の最後の授業の時にお母様にこう予言していたそうです。

「市川、東邦大東邦は取りこぼすかもしれない。」

先生にはちゃんとした根拠があったそうです。受験する学校の過去問は7~8年分を解くと決めて、本命の渋幕はもちろんきっちり8年分を行い、4教科バランスよく点数を取りきるところまでもっていけたと実感していたそうですが、市川と東邦大東邦は早々に合格ラインに到達したので、name_img01さん本人が3,4年分でやるのをやめてしまったのだそうです。

確かに合格するには十分な力はもっていたのでしょう。しかし先生のお持ちのチェックリストをみると、科目間の得点バランスが決していい状態ではないけど、全体の得点がラインに達した ので辞めていた状態が浮き彫りになっていました。

つまりname_img01さんの中に油断があった。これが受験の難しさなのでしょう。だから先生は渋幕の合格が一番堅いと思っていたのだそうです。

果たして固唾をのんで待ち望んだ渋幕の合格発表は・・・見事合格!号泣する両親を尻目に、name_img01さんがとった最初の行動は「寺岡先生に電話する」だったそうです。


インタビューの最後にお母様からは、「ホントに名門会にお願いしてよかった、寺岡先生という本物のプロ教師と出会わなければ、渋幕合格はなかったと思います」という言葉をいただきました。

これに対して寺岡先生は、
「中学受験合格はゴールではなくてスタートなんです。ただマラソンでいうところの最前列でスタートを切る有利さを持てた。渋幕は比較的自由な校風ですから、name_img01さんにはぴったりの学校です。スポーツも得意なname_img01さんのことだから、6年間いろんなことを思い切り楽しんでやってほしい」と。

おめでとう! ホントによかったねname_img01さん!
素敵な学生生活を送ることを切に願っています。

 

(文責)H.Y

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 受験ブログへ にほんブログ村 受験ブログ 医学部・医療系受験へ
LINEで送る
Pocket

名門会サイトはこちらから 名門会家庭教師センター名門会サイトはこちらから 名門会家庭教師センター

プロフィール

プロフィール

名前:名門会

プロの家庭教師の実力を難関校への合格実績で証明しつづける家庭教師センター、名門会のブログです。こちらではお知らせや受験に役立つ知識を掲載していきます。

弊社ブログ記事の
誤記載についてのお詫び

3月31日から4月6日まで弊社ブログに掲載させていただいた体験談ですが、記事の内容の中に一部誤った記載等がありました。
この記事に関わるご本人ならびに関係者の皆様に多大なご迷惑をおかけいたしましたことを心よりお詫び申し上げます。
再度このような事態を起こさないために、事前のチェック等の対策を講じてまいります。

2017年4月7日
株式会社 名門会

名門会家庭教師センター
動画で見る名門会の特徴
動画で見る名門会の特徴